特別栽培野菜

当社の特別栽培野菜について

「特別栽培」は農薬と化学肥料をできるだけ減らす生産方法。
素材のもつ本来の力を引き出し、おいしさを凝縮させます。
当社では、にんじん、じゃがいも、ごぼうなどをつくっています。

にんじん
特別栽培アロマレッド

フルーティーな香りと甘みの強さが自慢。
自社の真空予冷装置で鮮度を維持します。
2020年秋GLOBALG.A.P.認証取得予定。

じゃがいも
特別栽培インカのめざめ

濃い黄色の果肉と甘さが特徴。
栽培が難しく、希少価値の高い品種です。
収穫直後に自社の冷蔵庫で保存。
鮮度維持を徹底しています。

特別栽培に関する表示

インカのめざめ(馬鈴薯)

農林水産省新ガイドラインによる表示

節減対象農薬 当地比5割減
化学肥料(窒素成分) 当地比5割減
栽培責任者 株式会社とかち河田ファーム(山本 勝己)
住所 北海道河東郡音更町上然別西3線88-4
連絡先 0155-45-2011
確認責任者 株式会社とかち河田ファーム(河田 利則)
住所 北海道河東郡音更町上然別西3線88-4
連絡先 0155-45-2011

節減対象農薬の使用状況

使用資材名 用途 使用回数
アミスルブロム 殺菌 1回
オキサチアピプロリン 殺菌 1回
カスガマイシン 殺菌 1回
シペルメトリン 殺菌 1回
ジメテナミド及びジメテナミドP 除草 1回
ストレプトマイシン 殺菌 1回
スピロテトラマト 殺菌 1回
ピラフルフェンエチル 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 1回
フルオピコリド 殺菌 1回
フロニカミド 殺菌 1回
プロパモカルブ塩酸塩 殺菌 1回
非病原性エルビニア カロトボーラ 殺菌 1回

メークイン(馬鈴薯)

農林水産省新ガイドラインによる表示

節減対象農薬 当地比5割減
化学肥料(窒素成分) 当地比5割減
栽培責任者 株式会社とかち河田ファーム(山本 勝己)
住所 北海道河東郡音更町上然別西3線88-4
連絡先 0155-45-2011
確認責任者 株式会社とかち河田ファーム(河田 利則)
住所 北海道河東郡音更町上然別西3線88-4
連絡先 0155-45-2011

節減対象農薬の使用状況

使用資材名 用途 使用回数
フルトラニル 殺菌 1回
ストレプトマイシン剤 殺菌 1回
メトリブジン 除草 1回
シペルメトリン 殺虫 1回
スピロテトラマト 殺虫 1回
オキサチアピプロリン 殺菌 1回
塩基性塩化銅 殺菌 2回
オキソリニック酸 殺菌 1回
フロニカミド 殺虫 1回
シモキサニル 殺菌 1回
TPN 殺菌 1回

にんじん(アロマレッド・恋うさぎ・カトリーヌ)

農林水産省新ガイドラインによる表示

節減対象農薬 当地比5割減
化学肥料(窒素成分) 当地比5割減
栽培責任者 株式会社とかち河田ファーム(河田 正則)
住所 北海道河東郡音更町上然別西3線88番地4
連絡先 0155-45-2011
確認責任者 株式会社とかち河田ファーム(河田 利則)
住所 北海道河東郡音更町上然別西3線88番地4
連絡先 0155-45-2011

節減対象農薬の使用状況

使用資材名 用途 使用回数
ホスチアゼート 殺虫 1回
ペディメタリン 除草 1回
リニュロン 除草 1回
セトキシジム 除草 1回

にんじん(アロマレッド)

農林水産省新ガイドラインによる表示

節減対象農薬 当地比5割減
化学肥料(窒素成分) 当地比5割減
栽培責任者 株式会社とかち河田ファーム(河田 正則)
住所 北海道河東郡音更町上然別西3線88番地4
連絡先 0155-45-2011
確認責任者 株式会社とかち河田ファーム(河田 利則)
住所 北海道河東郡音更町上然別西3線88番地4
連絡先 0155-45-2011

節減対象農薬の使用状況

使用資材名 用途 使用回数
ホスチアゼート 殺虫 1回
ペディメタリン 除草 1回
リニュロン 除草 1回
キザロホップエチル 除草 1回

にんじん(アロマレッド) ※使用された農薬の異なる3種類の「にんじん」が混合しています。

農林水産省新ガイドラインによる表示

節減対象農薬 当地比5割減
化学肥料(窒素成分) 当地比5割減
栽培責任者 株式会社とかち河田ファーム(河田 正則)
住所 北海道河東郡音更町上然別西3線88番地4
連絡先 0155-45-2011
確認責任者 株式会社とかち河田ファーム(河田 利則)
住所 北海道河東郡音更町上然別西3線88番地4
連絡先 0155-45-2011

節減対象農薬の使用状況

使用資材名 用途 使用回数
ペディメタリン 除草 1回
リニュロン 除草 1回
セトキシジム 除草 1回